MENU

学生ローンの借りる理由をどうするか?

学生ローンの申込みでは、「限度額をいくらに決めるか?」という問題だけでなく、「お金を借りる理由」も決めなければなりません。
お金を借りる理由として多くあるのは、運転免許証の取得や生活費の補填、旅行やバイクの購入、などがあります。
お金を借りる理由については、審査項目の中で重要なものではないかもしれませんが、一度、じっくりとお金を借りる理由について検討してみてください。

 

お金を借りる理由は生活費の補てん以外で!

 

まず、お金を借りる理由を決める際に注意するべき点ですが、生活費の補填以外で理由を考えるのがおすすめです。
「生活費が不足するから・・・」という状況になることもありますが、そのまま伝えてしまうと「返済は大丈夫なの?」と相手に不安を与えてしまいます。
生活費以外の目的なら、希望する限度額の説明もしやすくなります。
運転免許証の取得や通信講座の受講といった、前向きなお金を借りる理由を考えてみてはいかがでしょうか。

 

学生ローンの限度額の希望について

 

また、お金を借りる理由だけでなく、希望する限度額も決める必要があります。
学生ローンの限度額は、多いほどに利便性が高くなりますが、まずは、必要最小限の限度額で希望を伝えることをおすすめします。
あまりに多すぎる限度額を希望してしまうと、「本当に返せるの?」と思われてしまいますので、できるだけ少ない金額にするのがポイントです。

 

学生ローンの申込み方法について

 

お金を借りる理由を決めたら、なるべく早く申込手続きに入ることをおすすめします。
学生ローンの種類によっては、申込みから融資を受けるまでに、期間を要することがあります。
できるだけ融資を急いで欲しいときは、プロミスやアコムのような消費者金融を選び、できるだけ早く申込手続きを完了させることです。
インターネットからローンの申込み手続きをすれば、申込みの完了から約1時間後には、お金を受け取れるようになります。