MENU

親にバレないカードローンのはじめ方

親と一緒に住んでいる方がカードローンに申込む場合、申込みをしたことが「親にバレたくない!」と考えるのではないでしょうか。
カードローンは、全国で1200万人〜1300万人も利用しているサービスですが、やはり、親にはバレたくないというのが本音ではないでしょうか。
親に内緒にしてカードローンを始めるには、カードや申込書などが自宅に送られないようにする必要があります。
難しい事ではありませんが、いくつかのバレないポイントがありますので、ここで確認しておくことをおすすめします。

 

親にバレないカードローンの申し込み方法とは?

 

まず、親にばれないようにして申込みたいというなら、必ずインターネットから申込みをするようにしてください。
金融機関によっては、インターネット以外にも郵送や電話、店頭窓口などでの申込方法が用意されています。
インターネット以外の方法で申し込みをしてしまうと、自宅に案内書などが郵送され、郵送物をきっかけに親にバレてしまいます。
インターネットからの申込みなら、必要な案内などは、画面上で確認できるようになりますので、結果として、自宅への郵送物をなしにできるようになります。

 

自宅への郵送物なしでカードローンのカードを受け取る方法とは?

 

カードローンは、名前のとおり、カードを使ったキャッシングの方法になります。
カードを受け取る必要がありますが、カードは郵送ではなく、自分から受取りに行くことも可能です。
カードが郵送されてしまうと、郵送物で上にバレてしまいますので、カードは自分から取りに行くようにしてください。
カードローンのカードは、最寄りの自動契約機で発行してもらえますので、申込完了後、最寄りの自動契約機がある場所に向かうようにしましょう。
なお、カードの受取りの際には、運転免許証が必要になりますので、忘れずに持参するようにしてください。

 

カードローン利用中の金融機関との連絡について

 

カードローン利用中に、カードローン会社から連絡する必要が生じる場合があります。
この場合、自分の携帯電話宛に連絡が入るのが一般的ですが、カードローン会社と連絡がつかない状態が続くと、自宅に郵送物が届くことがあります。
金融機関から電話が入ったら必ず電話に出るようにし、常に連絡が取れる状態にしておくことが重要です。
返済日を忘れてしまったときなどに電話がありますので、電話かかってきたら、すぐに出るようにしましょう。