MENU

学生ローンの申込みで親バレしない方法

学生ローンの申込みで親バレしないように、と考える学生が多くいます。
ローンの申込みで、親バレしてしまう原因となるのは、基本的には、自宅への郵送物です。
自宅に郵送物が届かないように申し込めば、学生ローンの申込みが、親にバレるし危険性はなくなります。
絶対に親にバレずに申込みたいときは、とくに、インターネットからの申込みをすることが重要ではないでしょうか。

 

学生ローンの申込みはインターネットから!

 

まず、学生ローンの申込み方法では、金融機関のホームページからの申込み以外にも、いくつかの方法が用意されている場合があります。
電話や郵送、その他ファクシミリなどによる方法もありますが、必ずインターネットから申込むようにしてください。
パソコンやスマホを使って申込む方法なら、必要な案内などは、画面上で確認できます。
自宅に学生ローンの申込み書や案内書などが届かなくなりますので、必ず金融機関のホームページから申込むようにしましょう。

 

カードの受取りで学生ローンの申込みが親にバレる!

 

また、カード発行が必要な学生ローンに申込む場合、限度額が決まった後に「どのようにしてカードを受け取るか?」という点が重要になります。
自宅にカードを郵送してもらうことも可能ですが、学生ローンの審査を受けたことが親バレしてしまいます。
親バレせずに学生ローンのカードを受け取るには、カードは、自分から受取りに行く必要があります。
自動契約機が用意されている学生ローンなら、限度額の決定後、自動契約機でカードを受取りができるようになっています。

 

無理な借入れで親バレする!

 

また、無理な限度額を希望して融資を受けてしまうと、毎月の返済が困難となり、親バレしてしまう危険性があります。
「毎月、いくらまでなら返せるか?」という点をよく考え、無理のない借入れ限度額を設定することが重要です。
学生ローンの借りすぎとならないようにするためにも、返済シミュレーションなどを活用してから申込むようにしましょう。