学生カードローン

MENU

親にお金を借りる理由

パチンコで負けて生活費が不足したり、自動車やバイクの改造のためのお金だと、親にお金を借りるのが難しくなります。

 

親にお金を借りるときは、必ずといっていいほど

 

 「何に使うの?」

 

と聞かれてしまうからです。

 

また、20歳以上の成人が「親にお金を借りる」というのも恥ずかしい話ですので、自分の責任でローンを組んでみるのも良いのではないでしょうか。

 

自分でローンを組んでお金を用意するときは、必要としている金額と年収の関係からローンを選びます。

 

まず、親に借りたい金額が年収の3分の1を超えているときは「銀行カードローン」、それ以下のときは、「消費者金融」を選びます。

 

ただし、希望する金額が50万円を超えるときは、収入を証明するための書類も必要になりますので、銀行カードローンが簡単に利用できます。

 

次に、お金を受け取るまでの「時期」について考える必要があります。

 

申し込んだ当日に現金を受け取りたいときは、消費者金融か自動契約機がある銀行カードローンを選びます。

 

どこにするか迷っているなら、いずれの状況でも借りられる、バンクイックがおすすめです。

 

バンクイックなら、本人に年収がない専業主婦も利用していますので、希望する金額がすぐに借りられると考えられるからです。