MENU

学生カードローン申込みの注意点

学生でもカードローンを利用したい、という方もいると思いますが、申込みにあたっては、一定の注意点が必要になります。

 

注意点を理解せずに申込んでしまい、意味なく審査落ちとならないようにしなければなりません。

 

ここでは、学生がカードローンに申込む際の注意点についてご紹介します。

 

 

カードローンの「申込める人」を確認!

 

カードローンには、それぞれ「申込める人」というのが決められています。

 

カードローン会社によっては、「申込条件」や「ご利用対象」という表現になっていることもありますが、簡単には、

 

 「誰が申し込めて、誰が申込めないのか?」

 

が分かるものです。

 

一部の銀行カードローンに「学生は不可」としているケースがありますので、まずは、カードローン会社のホームページにある、商品説明を確認するようにしてください。

 

 

学生が消費者金融に申込む場合

 

消費者金融に学生が申込むときは、自分の年収の3分の1までの借入れになることを確認してください。

 

総量規制という仕組みがあり、消費者金融が貸せるのは、他社を含めて「年収の3分の1」までです。

 

毎月5万円のアルバイト収入があるなら、20万円まで、というように、利用できる金額の限度額があります。

 

もし、年収の3分の1超の融資を受けたいなら、このような規制のかかっていない、銀行カードローンに申込むのがいいでしょう。

 

 

学生でも高額融資を目指す!

 

基本的には、カードローンの利用に学生であるかどうかは、関係ありません。

 

しかし、バンクイックのように「学生は10万円まで」としているケースもありますので、高額融資を受けたいなら、よく商品説明を確認する必要があります。

 

また、同じ学生でも、未成年者の学生の場合は、利用できるカードローンが非常に限られます。

 

保護者の同意が必要な学生向けのサービスを利用するか、あるいは、成人に達するまで我慢しないといけません。

 

しかし、成人に達しているなら、社会人と同じように高額融資を目指すことも不可能ではないでしょう。